夢を叶えるライフプランニング



世帯年収600万円だけど、子供を小学校から私立に通わせたい

今回のご相談者は…

木下さんご一家
       ※ご相談者の名前は仮名です。


非常に教育熱心なご夫婦です。

教育方針が気に入った私立の小学校があり、そこに通わせたいと考えています。

また、大学については東京や大阪にも視野に入れているそうなので、自宅外通学の可能性があります。

住まいについては、今は賃貸マンションに住んでいますが、お子さんが小学校になる前には、購入する予定です。

予算は、4000万円程度を考えていて、住宅用の貯金は600万円用意してあります。

子供を小学校から私立に通わせるとなると、幼稚園(保育園)~大学で3000万円弱かかります。

もし山本さんご夫婦がこの夢を実行した場合…

年間収支

貯蓄残高推移

お子さんが大学の期間の家計は厳しいですが、その後大きな問題もなく生活できそうです。

もしお子さんを2人考えるとなった場合…

年間収支

貯蓄残高推移

44歳以降ずっと貯金がマイナスの状態です。

つまり、今の世帯年収でお子さんを小学校から私立に通わせたいとなった場合、一人っ子でないと難しそうです。

もしどうしても子供が2人欲しいと考えるのであれば、奥さんも正社員として就職する必要があります。

例えば、34歳(第二子出産後)から60歳まで、年収210万円・退職金300万円で勤めるとすると…

年間収支

貯蓄残高推移

お子さん2人を幼稚園~大学まで私立に通わせたとしても、老後まで貯蓄が残ります。

もし奥さんが、子供の教育のために自分の時間を割きたい、というのであれば、フルタイムで働くのは難しいかもしれません。

ただ、お子さんを2人考えるのであれば、扶養の範囲内に収まる収入(100万円程度)では、貯蓄がマイナスになってしまいます

自分たちにはどちらの選択肢が合っているのか、今一度考えてみてください。

家計と住まいの相談所では、FP個別相談『初回90分無料』を行なっています。
土地や建物、資金計画、住宅ローンなど、気になる疑問をファイナンシャルプランナーが解決します。
「家を購入したいけどお金のことが不安」という方、「プロのファイナンシャルプランナーの話を聞いてみたい」という方、その他気になることがある方はお気軽にお問い合わせください。