家計と住まい通信

中古だと広がる?住まい選びの選択肢

新築物件の数は意外に少ない

新築物件と比較した場合、中古物件にはどんなメリットがあると思いますか?

例えば…
・価格が安い
・実物を見て判断できる
・生活する環境(近隣に住んでいる住人、周辺環境)などがわかる
・立地条件に恵まれている場合が多い

などがあげられます。

その他に、あまり意識していないところで物件の選択肢(数)が圧倒的に多いというのもメリットの1つです。
物件情報サイトで下記条件で検索してみたところ、中古物件の数は、同条件の新築物件に比べて、約7倍の件数がありました。

名古屋市の新築・中古マンションの件数

検索条件

検索結果

住みたいエリアが具体的に決まっている場合、新築物件に限定してしまうと、
そもそもの物件数が多くない為、なかなか希望に合った住まいを手に入れられないこともあります。
しかし、上記結果からわかる通り、中古物件も視野に入れて考えてみると、大幅に比較対象が増えます。
その為、自分自身にとってより理想的な物件に出会える可能性が高まります。

新築物件は、「自分が初めて住む」「最新の設備が整っている」「共用スペースが充実している」など様々な魅力がある為、
「絶対新築!!」という方もいらっしゃるかもしれません。
ただ、住まい選びは人生で数えるほどしかないと思うので、自分の理想の条件に絞って、
中古物件も見てみてはいかがでしょうか?


家計と住まいの相談所では、FP個別相談『初回90分無料』を行なっています。
土地や建物、資金計画、住宅ローンなど、気になる疑問をファイナンシャルプランナーが解決します。
「家を購入したいけどお金のことが不安」という方、「プロのファイナンシャルプランナーの話を聞いてみたい」という方、その他気になることがある方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら