家計と住まい通信


家計と住まい通信 記事一覧へ
住まい

選ぶタイミングでできる!住まいの防災対策

本日9月1日は防災の日

皆さんのご家庭では、万が一の準備ができていますか?

防災というと、食料品の備蓄や、避難場所などが、日ごろの準備を思い浮かべる方が多いと思いますが、住まい選びの際にも、防災を意識することが大切です。

建物構造と同じくらい重要な立地

住まいの防災として挙げられる1つ目が、建物の耐震強度です。

大きな揺れにも耐えられる高度な耐震構造や、揺れを逃がす免震構造など、新しい建物には優れた耐震性があります。

2つ目は地盤の強さです。

どんなに優れた建物であっても、ベースとなる土地が弱くては、その性能を十分に活かすことができません。

つまり、どんな土地に建てるのかという「立地」が、住まいの防災を考える上で非常に重要なポイントになるのです。

あなたの街のハザードマップ

ここでは、各市区町村のハザードマップがまとめられているサイトをご紹介します。

国土交通省ハザードマップポータルサイト

地震の際の、震度・洪水・津波・液状化など、被害状況の予想を知ることができます。

例えば名古屋市だとこのような形式で、区毎に確認が可能です。

ハザードマップ

まとめ

住みたい場所で液状化の可能性が高い、地震の時の被害状況が大きいなど、懸念材料があったとしても、事情によってはその場所を選択肢から外せない、という場合もあると思います。

もしそうだとしても、どんな被害が生じやすいのかを知ることで、万が一の備えがしやすくなります

住みたい場所がある場合には、選ぶ前にハザードマップを確認することをお勧めします。

家計と住まいの相談所では、FP個別相談『初回90分無料』を行なっています。
土地や建物、資金計画、住宅ローンなど、気になる疑問をファイナンシャルプランナーが解決します。
「家を購入したいけどお金のことが不安」という方、「プロのファイナンシャルプランナーの話を聞いてみたい」という方、その他気になることがある方はお気軽にお問い合わせください。