家計と住まい通信


家計と住まい通信 記事一覧へ
豆知識

中古を買うなら知っておくべき!旧耐震と新耐震の違い

大地震が来た時その建物は大丈夫?

中古物件を購入する際に注意すべき点として、その住宅が「新耐震基準」か「旧耐震基準」かという問題があります。

言葉自体は聞いたことがあるけど、内容はわかっていないという方のために、どのような違いがあるのか比較しました。

新耐震基準 旧耐震基準
内容 中規模の地震(震度5強程度)に対しては、
ほとんど損傷を生じず、極めて稀にしか発生しない。
大規模の地震(震度6強から震度7程度)
対しては、人命に危害を及ぼすような倒壊等
の被害を生じないことを目標としたもの
震度5強程度の揺れでも建物が倒壊せず、
破損したとしても補修することで生活が可能な構造基準。
基準日 1981年6月1日以降に建築確認申請 1981(昭和56)年5月31日以前

上記内容からわかる通り、新耐震基準の方が、より規模の大きい地震にも対応がされています。

実際、阪神淡路大震災の被害状況を見てみると、旧耐震基準の住宅には、より大きな被害が出ていることがわかります。

阪神・淡路大震災 建築年別被害状況(建築物)

まとめ

新築物件の場合、どの物件も新耐震基準を満たしているので、特に気にする必要はありません。
しかし、中古物件の場合は注意が必要です

新耐震か旧耐震かだけで、家の安全性全てがわかるわけではありませんが、耐震性を判断する上で大きな基準になります。
ですので、物件選びの際にはぜひ意識してみて下さい。


家計と住まいの相談所では、FP個別相談『初回90分無料』を行なっています。
土地や建物、資金計画、住宅ローンなど、気になる疑問をファイナンシャルプランナーが解決します。
「家を購入したいけどお金のことが不安」という方、「プロのファイナンシャルプランナーの話を聞いてみたい」という方、その他気になることがある方はお気軽にお問い合わせください。