家計と住まい通信


家計と住まい通信 記事一覧へ

購入したら終わりじゃない。メンテナンスにかかる費用

あなたは、家を購入した後にかかるメンテナンス費用をきちんと把握できていますか?

マンションの場合、毎月管理費や修繕積立金がかかるのは、ご存知の方が多いと思います。

では、これ以外にかかる費用はないのでしょうか?
また、一戸建ての場合には維持費はかからないのでしょうか?

もちろんそんなことはありません。

マンションの場合、管理費・修繕積立金は、あくまでも共用部分に対しての維持費ですので、
専有部分に対してのリフォーム費用が必要になります。

一戸建ての場合は、室内はもちろん、外壁等の修繕も必要になるので、その資金が必要です。

それぞれ、具体的にどれくらい準備しておく必要があるのか見てみましょう。

マンションのメンテナンスにかかる費用(専有部分のリフォーム)

マンションのリフォームの場合、追加で費用が必要になるのは専有部分(室内)だけですので、
どの位の頻度で補修をするのかは人それぞれです。

その為、ここでは主要なリフォーム箇所を新調する場合の費用相場をご紹介します。

マンション補修の目安


一戸建てのメンテナンスにかかる費用

一戸建てを最低限維持していくには、以下の表の通り30年間の累計で690万円程度
の費用がかかります。

木造一戸建て住宅の点検・補修の目安

この690万円を月々の支払いとして考えてみると、
690万円 ÷ 30年 ÷ 12カ月 = 1万9千167円
マンションの管理費・修繕積立金より少し安い、もしくは同程度の費用がかかる計算になります。


まとめ

実際の支払いが必要になるのは、数年もしくは十数年単位ですが、
まとまった資金を急きょ準備するとなると、家計に与える負担が大きいです。

家を購入する前の段階で、将来必要になる費用を把握できていれば、計画的にお金を貯めることができます
実際補修する段階で、どこまでやるかによって費用に幅はありますが、ぜひ予め考慮してみて下さい。


家計と住まいの相談所では、FP個別相談『初回90分無料』を行なっています。
土地や建物、資金計画、住宅ローンなど、気になる疑問をファイナンシャルプランナーが解決します。
「家を購入したいけどお金のことが不安」という方、「プロのファイナンシャルプランナーの話を聞いてみたい」という方、その他気になることがある方はお気軽にお問い合わせください。